So-net無料ブログ作成

アンチ・モダンのラグジュアリー。 [2010]

501005.jpg10pf.gif
1010.gif
近代音楽って、何だろう?バーバリスティックなストラヴィンスキーのバレエ?ロマン主義の先で、伝統を冷ややかに壊していった新ウィーン楽派の12音技法?18世紀を引っ張り出し、ロマン主義を笑った擬古典主義?21世紀、リアルな時代を生きていると、知らず知らずの内に「近代」はノスタルジックなものになりつつある。そうなって、よりくっきりと見えてくる「近代」でもあって... 近代音楽のイメージは、「近代」という時代に生み出された作品を漠然と捉えるのではなく、「近代」という空気感をサウンドに昇華させた作品へと絞られつつあるのかもしれない。また、それにより、「近代」という時代に生み出された近代的ではない作品の存在も、よりくっきりと見えてきて、モードに取り残された音楽が一転、興味深い存在感を放ち始めているよう。
そんな、「近代」から外れた音楽にスポットを当てる、ドイツの若手ピアニスト、ヨーゼフ・モークが弾く"Divergences"(claves/50-1005)が、かなりおもしろい!

フランス語圏のベルギーの出身、ジョゼフ・ジョンゲン(1873-1953)、ドイツのマックス・レーガー(1873-1916)、ロシアのアレクサンドル・スクリャービン(1872-1915)... 同世代の、何とも渋い3人を取り上げる"Divergences"。「近代」が邁進し始めた頃、モダニスティックなアヴァンギャルドには背を向け、独自の音楽世界を追求した3人の作曲家。それまでの時代に刃向い、新たな時代を切り拓いていった近代音楽の大家たちに比べれば、音楽史において、レーガー、ジョンゲン、スクリャービンという存在は、地味かもしれない。地味というより、20世紀、向くべきモダニスティックな方向に向かなかったことで、無視すらされかねない?が、その音楽はつまらないのか?
1曲目、ジョンゲンの、1番の演奏会用練習曲の魅惑的な響きに、まず惹き込まれる... どこかジャジー?いや、19世紀末のスノッブなサロンの雰囲気を漂わせ、仄暗さと華麗さが相俟って、粋で。「近代」ではなくとも、古臭くは感じない。というより、独特のラグジュアリー感を放って、クール!続くレーガーも、スクリャービンも、それぞれに個性的なトーンを響かせつつ、どこか同じ香りを漂わせる。そして、あまりに絶妙に、ジョンゲンからレーガーへ、レーガーからスクリャービンへとつながって、その濃厚な香りに酔わされることに。
印象主義的なジョンゲン、ロマン主義のレーガー、神秘主義へと至るスクリャービン... フランス、ドイツ、ロシアと、その当時のヨーロッパにおける音楽の勢力図のようなものを広げつつ、巧みに音楽史のメインストリームから外すことで、国境や、イズムといった枠組みをぼかして見せて興味深く。輝かしい「近代」がもてはやされる一方で、その輝きを、懐疑的に、斜に構えて、遠巻きに眺めるような、3人のスタンス、どこかシニカルなその姿勢がクローズアップされ、21世紀の今、そのあたり、より共感できるように感じる。
という、近代音楽の"Divergences"に目を付けたモークのセンスに感心... 前作、"metamorphose(n)"(claves/50-2905)の、超絶技巧に彩られた個性的なトランスクリプション集からして、一味違うセンスを放ってはいたが、よりそのセンスは際立って、また堂に入って、ただならない。若さを活かした透明感のあるタッチが、それぞれの作品の素の美しさを引き出しつつ、一筋縄ではいかない3人の作曲家の世界を、さらりとまとめてしまう器用さ。さらに、近代音楽の"Divergences"が持つノワール感を香り立たせ、聴く者を幻惑してくるようなるところもあって、魅了されてしまう。で、こういうセンスの持ち主が、未だ20代前半という若さ(1987年生まれ!)であることに、驚かされる。で、次は何を聴かせてくれるのか?ワクワクさせられる。

JOSEPH MOOG: Divergences ・ Jongen, Reger, Scriabin

ジョンゲン : 演奏会用練習曲 第1番 Op.65
ジョンゲン : 2つの小品 Op.33
レーガー : 炉辺の夢 Op.143
スクリャービン : ピアノ・ソナタ 第4番 Op.30
スクリャービン : ワルツ風に Op.47
スクリャービン : アルバムの綴り Op.58
スクリャービン : ピアノ・ソナタ 第7番 Op.64 「白ミサ」
スクリャービン : 2つの舞曲 Op.73

ヨーゼフ・モーク(ピアノ)

claves/50-1005




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0