So-net無料ブログ作成

ヴァイオル・コンソート黄金期を振り返る"Fabulous London"。 [2013]

CHR77369.jpg
ヴィオラ・ダ・ガンバの起源は、アラブの民俗楽器、ラバーブ(三味線に似ていて、弓を用いて鳴らす擦弦楽器... )に求めることができる。8世紀、イスラム勢力がイベリア半島に進出すると、ラバーブも地中海を渡り、10世紀には、キリスト教諸国にも伝えられたと考えられている。そこから、レベックやヴィエールといった中世の楽器が派生... やがて、ヴィエールは、ヴィオールに進化し、その低音域を担う大きなサイズのヴィオールを、足=ガンバで挟んで奏でたのが、ヴィオラ・ダ・ガンバ。いや、ラバーブがヴィオラ・ダ・ガンバに... この展開が、実に興味深い。普段、音楽史を見つめていると、どうしても、イタリア、ドイツ、フランスあたりに集約されて来るのだけれど、民俗音楽/芸術音楽の枠組みを取っ払って、楽器の歴史まで視野を広げれば、音楽の文明間の交流まで浮かび上がり、とても刺激的なものを感じる。音楽はひとつながりなのだなと、まさに"ワールド・ミュージック"だなと... ならば、"ワールド・ミュージック"として、アカデミックな音楽を、クラシックを見つめると、また違った可能性が拓けるのかもしれない。が、そう、やわらかくないのがアカデミズムであって、クラシックか...
は、さて置き、ヘフラーシェンクフィンガーとドイツ・バロックにおけるヴィオラ・ダ・ガンバのいろいろを聴いて来たので、仕上げに、本家、イングランドへ!ドイツのヴィオール・コンソート、レゼスカパードの演奏で、ギボンズ、シンプソン、バードらの作品を集め、ヴァイオル黄金期を再現する、"Fabulous London"(CHRISTOPHORUS/CHR 77369)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

シェンク、フィンガー、ヴィオラ・ダ・ガンバのための作品。 [2013]

ヴィオラ・ダ・ガンバはチェロに似て、まったく異なる楽器である。ヴィオラ・ダ・ガンバが古楽器であるがゆえに、うっかりチェロの古い形だと錯覚してしまいそうになるのだけれど... チェロは、ヴァイオリン属の楽器(ちなみに、我々にとってお馴染みのヴィオラは、ヴァイオリン属... )で、ヴィオラ・ダ・ガンバは、ヴィオラ・ダ・ガンバ属の楽器(チェロに似たサイズのものだけがヴィオラ・ダ・ガンバではなく、ヴァイオリン属のように大小4種類の楽器がある... )、まったく別系統ということになる。いや、その音色に耳を澄ませると、その違いは、結構、大きなものとして感じられる。チェロの懐の深い音色には、どこか冬を待つような寂しさがあるのか... その寂しさは、意外とエモーショナル。一方で、ヴィオラ・ダ・ガンバの繊細な音色には、秋の紅葉の鮮やかさと、その散る前の刹那に似た儚さがある。そして、その儚さには、どこか夢見るようなファンタジーが漂い... よく、チェロは、人の声に近い、というようなことを言われるけれど、ヴィオラ・ダ・ガンバからすると、ある意味、それは、生々しい、ということのように思う。そして、生々しさの対極にあるのが、ヴィオラ・ダ・ガンバか... で、何だか、今、そういう音色を欲していて... 前回、聴いた、ドイツ・バロックのガンビスト、ヘフラーに続いての、ヴィオラ・ダ・ガンバ尽くし!
ヴィーラント・クイケンとフランソワ・ジュベール・カイエによるバス・ヴィオールで、2挺のヴィオラ・ダ・ガンバのためのソナタ集、『ラインのニンフ』から6曲(RICERCAR/RIC 336)と、ペトル・ヴァクネルのヴィオラ・ダ・ガンバとアンサンブル・トゥールビヨンの演奏で、フィンガーのヴィオラ・ダ・ガンバのための作品全集(ACCENT/ACC 24267)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヘフラー、ヴィオラ・ダ・ガンバのための組曲。 [2013]

PAN10275.jpg
春は曙、秋は夕暮れ、みたいに、四季を楽器で語ったら、どんな感じになるかな?と、この間、秋の夕暮れ間近、差し込む陽の光がこそばゆい電車のシートに揺られながら、何となく考えていた。秋はチェロ。あの少し枯れたようで艶やかな音色は、秋の陽の光に似て、やさしいから... というチェロと対になるのが、春はヴァイオリン。明るく、クリアな音色は、花々しい!けど、より春のふんわりとした空気感を響かせるなら、フルートかもしれない。じゃあ、夏は何だろう?近頃の酷暑を思うと、オンド・マルトノとか思い浮かぶのだけれど... それじゃあ、ちょっと、あれなので、初夏ならホルン。夏の夜ならトランペット。夏の終わりにトロンボーンとか、意外と金管のイメージ。で、冬はピアノ。もしくは、チェンバロ。冬の澄んだ大気は、鍵盤楽器の、ひとつひとつの音が独立して響く凛とした表情がしっくり来る。ということで、秋はチェロ。前回、バッハの無伴奏チェロ組曲を聴いて、ますますそんな思いに... そこで、より秋を深めるために、ヴィオラ・ダ・ガンバなんか聴いてみようかなと...
グイド・バレストラッチのバス・ヴィオールを中心としたアンサンブルで、バロック期、ドイツのヴィオラ・ダ・ガンバ奏者、ヘフラーのヴィオラ・ダ・ガンバのための組曲、『プリミティアエ・ケリカエ』から、前半、6曲(PAN CLASSICS/PAN 10275)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

サン・サーンス、3番のヴァイオリン協奏曲、1番のチェロ協奏曲。 [2013]

999934134.jpg
ハロウィンのひと騒動が終わり、気が付けば、秋も深まっていて、昨日は立冬でした。今年も、そろそろ終わりが見えて参りましたね... 秋の夜長に、読書の秋、芸術の秋だと、まったり気分にひたるのも束の間、年の瀬へと追い立てられて行くわけです。でもって、今年は、いつまでも夏日が続く中、ラグビー・ワールドカップの熱狂の日々が始まり、スーパー台風に打ちのめされ、即位の礼の虹に某かの希望を見て、上がったり、下がったりのジェット・コースターに乗せられたような、ドラマティック過ぎの秋です。秋っぽく、センチメンタルな気分に染まる余裕など無かった... だから余計に急かされているようで、精神的に息が上がってしまいそう... てか、大晦日まで、走り切れるだろうか?なので、ちょっと立ち止まり、深まりゆく秋をしっかり味わうような音楽を...
リオネル・ブランギエの指揮、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団の演奏、ルノー(ヴァイオリン)と、ゴーティエ(チェロ)のカピュソン兄弟による、サン・サーンスの3番のヴァイオリン協奏曲と1番のチェロ協奏曲(ERATO/999934134)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フランスにおける"交響曲"とは... フランスの山人の歌による交響曲。 [2013]

CHAN10760.jpg
交響曲というと、やっぱりドイツ―オーストリアのイメージが強い... で、フランスはというと、やっぱり影が薄い。けど、音楽史を紐解けば、交響曲が形作られて行く18世紀、パリの音楽シーンが担った役割は、けして小さくは無い。当時、パリを代表するオーケストラ、ル・コンセール・スピリチュエルは、ゴセックルデュクらフランスの作曲家はもちろん、マンハイム楽派の交響曲やモーツァルトのパリ交響曲をも演奏し、交響曲の父、ハイドンに関しては、1780年代、ライヴァル、コンセール・ド・ラ・ロージュ・オランピークと競って取り上げ、一大ブームを巻き起こす(そうした中から、かのパリ・セットが委嘱され、偽ハイドンまで登場... )。が、19世紀に入るとフランスの作曲家たちは、交響曲よりもオペラでの名誉に傾倒、幻想交響曲(1830)という突き抜けた作品を生み出すも、フランスにおける交響曲は下火に... そんな空気を大きく変えたのが普仏戦争(1870-71)。この戦争でフランス帝国は瓦解し、ドイツ帝国が成立するわけだけれど、その事実を目の当たりにしたフランスの作曲家たちは、やがて音楽でドイツを克服しようと覚醒!1880年代、フランスの交響曲の名作が、次々に誕生する。
ということで、フランスにおける交響曲の覚醒に注目してみようと思う。ラモン・ガンバが率いたアイスランド交響楽団による、ダンディのオーケストラ作品のシリーズから、第5弾、フランスの山人の歌による交響曲(CHANDOS/CHAN 10760)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フランス、啓蒙主義文学からの歌曲。 [2013]

K617240.jpg
過渡期には、古いものと新しいものが対立する。が、やがて新しいものへと収斂され、前進する。近頃、あちこちでバチバチやっている、新旧の喧嘩、それに伴う炎上... あれを絶え間なく見せられていると、本当に疲弊します。けれど、これもまた、時代が前進するためのものなのだと、何とか呑み込まねばならないのですよね。わかっております。が、しかし、過渡期って、ツレーぇっ!こういうの、いつまで続くんだよ?はぁ~ ため息... は、さて置きまして、過渡期も歴史となってしまうと、俄然、興味深いものとなります。例えば、18世紀、フランス音楽における過渡期... そのターニング・ポイントとなったのが、ブフォン論争(1752年、ペルゴレージのインテルメッツォ『奥様女中』のパリ、オペラ座での上演に始まる... )。旧来のバロックと新たな古典主義がぶつかり合うわけだけれど、古典主義は、その名の通り、古典的でアルカイック... つまり古いものが新しいという、アベコベ。さらにさらに、ブフォン論争で古いと糾弾されたバロックも、その後、新しいものとしてリヴァイヴァルされ、アベコベはさらなるアベコベを呼び、目まぐるしくて眩暈を起こしそう。けど、間違いなく、刺激的なのだよね...
ということで、古典主義の時代を切り拓く、バロックに喧嘩を吹っ掛けた啓蒙主義に注目!ベリト・ノルバッケン・ゾルセット(ソプラノ)の歌、マッティン・ヴォールベルク率いるトロンハイム・バロックの演奏で、フランス、18世紀後半、啓蒙主義文学にリンクしたシャンソン=歌曲を、サロンの雰囲気でまとめた1枚、"Le roman des lumières"(K617/K617 240)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

デュフリ、クラヴサン曲集。 [2013]

AP043.jpg
我々は、今、おもいっきり過渡期を生きている。のだと思う。日々、古いものと新しいものがぶつかり合って、人が、社会が、国が、世界が、言いたい放題、怒声に塗れ、大気に大地までもが軋み、苦悶の声を上げている。その声、時に聞くに堪えないこともある。が、新しい時代を迎えるにあたっての健全な反応とも言えるのかもしれない。前に進むためには、必要なこと... そして、今、前に進む必要に迫られていることは、間違いない。ならば、この過渡期と、どう向き合うべきか?一緒になって怒声を放つか?苦悶の声に呑まれるか?普段、音楽史を辿っていると、多々ある過渡期に出くわす。もちろん、それは、音楽でのことであって、我々の現状と並べてしまうのは、どうかとも思う。が、それでも、音楽史の過渡期を見つめていると、何となく、その先へと希望が持てるような気がして来る。例えば、18世紀半ばのフランス... ブフォン論争に象徴されるように、新旧、内外、様々なベクトルで芸術思潮が衝突し、表現が不自由だ何だの次元では無く、国を二分(国王派vs王妃派)し、決闘(バロ・ド・ソヴォvsカッファレッリ)までする事態に至っても、そこから、より豊かな18世紀後半の音楽シーンが醸成され、やがて訪れる19世紀もまたそこで準備されていた。どちらかと言えばネガティヴに捉えられる過渡期、古いものと新しいものがぶつかり合う姿を目の当たりにすれば、逃げ出したくなる思いに駆られるのだけれど、次なる時代を耕していると考えれば、より冷静に状況を見つめることができるのかもしれない。そして、18世紀半ば、ブフォン論争の大騒ぎを横目に、淡々と過渡期を生きた先人を見つけた。フランス・クラヴサン楽派、デュフリ。
シャンボニエール(ca.1602-72)、ダングルベール(1635-91)、フランソワ・クープラン(1668-1733)、ラモー(1683-1764)と受け継がれて来たフランスのクラヴサンの伝統を、新しい時代を迎える中も息衝かせたデュフリに注目... クリストフ・ルセの弾くクラヴサンで、デュフリが出版した4つのクラヴサン曲集から、27曲(APARTÉ/AP 043)を2枚組で聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ラモー、愛の大劇場。 [2013]

2564637284.jpg
台風19号... まず、亡くなられた方にお悔やみを、被災された方にお見舞いを申し上げます。そして、一日も早い復興を祈っております。それにしても、言葉を失う週末でした。エリアメールのアラームが夜中まで鳴り響く緊迫の一夜... 我が家の周辺の堤防は何とか耐えくれたものの、次第に明確になって来た洪水の被害。その恐るべき規模。これが、温暖化を生きる我々のリアルなのだと、向き合う覚悟を迫られているようで、戦慄せずにいられなかった... いや、戦慄しているばかりではない!ここから、何か、新しい形が模索される様な気もする。というより、そうあらねばならなくなるのだろう。新しい環境に対応した、新しい時代の始まり... 奇しくも、ラグビー日本代表が決勝トーナメントに進出!大きな壁を前にしても、しっかり準備をし、結束し、臨機応変、縦横無尽の創意を以って乗り越えたブレイヴ・ブロッサムズの姿は、困難に立ち向かう勇気のみならず、我々に新しい時代を生きる大きなヒントを与えてくれているような気がするのです。今、改めての"がんばろう日本!"だなと。前に進むことを恐れずに... そして、当blogは、"show must go on"、イタリアからフランスへ...
斜陽のヴィヴァルディ、上げ潮、ナポリ楽派と、18世紀、イタリア・オペラの諸相を聴いて来てからの、フランス・オペラ、遅れて来た巨匠、ラモーに注目してみようと思う。アレクシス・コセンコ率いるレザンバサドゥールの演奏で、サビーヌ・ドゥヴィエル(ソプラノ)が歌う、ラモーのエール集、"LE GRAND THÉÂTRE DE L'AMOUR"(ERATO/2564637284)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヴィヴァルディ、ヴァイオリン協奏曲、ピゼンデルのために... [2013]

OP30538.jpg
えーっ、この夏の直木賞、大島真寿美著、『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』を、読書の秋に、読まさせていただきました。近松亡き後の大阪を舞台に、人形浄瑠璃やら、歌舞伎やら、舞台人たちが、魂削りながら、渦巻いて、ひとつ大きな芸術を拵えて行く話しでございます。いや、舞台いうんは、"渦"なんやなと... 過去の作品を引っ張り出して、ライヴァルの作品まで引っ張り込んで、掻き回して、新しいものをどうにかこうにか生み出して(つまり、純粋なるオリジナルは存在しない... )、次の時代へとつなげてく。何や、その大きい捉え方に、感動しつつ、せや、オペラも同じやで、と思い至る次第(古典、持ち出して、あっちの台本、こっちの台本、使い回して、あっちのアリア、こっちのアリア、混ぜ合わせたら、パスティッチョにもなって... )。ヴェネツィア楽派がやんやの賑わい作ったら、ヴィヴァルディが喧嘩売って、束の間、ナポリ楽派に呑み込まれて、バロックからその先へ、どんどん時代が紡がれて行く。バロック・オペラも渦や!ということに気付かされる(いや、もうね、単純なものだから、影響を受け過ぎて、勢い大阪弁になってしまいました。汗... )。ヴィヴァルディ、最後のオペラの、最後になってしまった切なさ、上げ潮、ナポリ楽派のスター、カッファレッリが歌ったアリアの、新しい時代を見せ付けて来る多彩さに触れ、もうひとつの"渦"を見出し、よりヴィヴィットな思いを掻き立てられる。で、ますます魅了される。そうか、時代、丸々が、ひとつのオペラだったのかもしれへんな... 凄い話しや... そして、今一度、その渦の中から、ヴィヴァルディのコンチェルトを引き上げる。オペラでは負けても、コンチェルトでは負けなかったヴィヴァルディ!
カウンターテナーとして見事な歌声も聴かせる異色のヴァイオリニスト、ドミトリー・シンコフスキーのソロ、イル・ポモ・ドーロの演奏で、ヴィヴァルディが、ドレスデンのコンサート・マスター、ピゼンデルのために書いたコンチェルトを集めたアルバム、"VIVALDI EDITION"から、ヴァイオリンのための協奏曲集、第5弾、"Per Pisendel"(naïve/OP 30538)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ナポリ楽派、濃縮、カッファレッリのためのアリア集。 [2013]

V5333.jpg
ヴェネツィア楽派のオペラへの貢献は、何と言ってもオペラを一般市民に開放(世界初の公開のオペラハウス、サン・カッシアーノ劇場がオープンするのは1637年... )したこと。で、市民を観衆とするとどうなるか?ヴェネツィアには雨後の筍のようにオペラハウスが誕生、競争原理が働き、瞬く間に空前のオペラ・ブームを創出!17世紀後半、ヴェネツィアは、ヨーロッパ切ってのオペラ都市へと急成長する。18世紀、そんなヴェネツィアに取って代わるのが、ナポリ楽派... 彼らの凄いところは、教育に力を入れたこと!オペラハウスの数は、ヴェネツィアに遠く及ばなかったものの、4つもの音楽院においてハイレベルな音楽教育を施し、ひとつの都市ではとても抱え切れないほどの優秀な人材を次から次へと輩出。抱え切れなかった人材は、オペラハウスがたくさんあったヴェネツィアへ... ヨーロッパ切ってのオペラ都市で得た評判を足掛かりに、ロンドン、ドレスデン、サンクト・ペテルブルクと、ヨーロッパ中へと広がって行ったナポリ楽派。ヴィヴァルディの敵は、ただものではなかった。
ということで、ナポリ楽派!リッカルド・ミナージ率いるイル・ポモ・ドーロの演奏、フランコ・ファッジョーリ(カウンターテナー)が歌う、ナポリが生んだスター・カストラート、カッファレッリをフィーチャーしたアルバム、"ARIAS for CAFFARELLI"(naïve/V 5333)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽