SSブログ
前の10件 | -

大聖堂の外に出て、ラウダ、黄金伝説。 [before 2005]

A304.jpeg
ロマネスク期、修道院にて、じっくりと育まれた聖歌が、ゴシック期、大聖堂という壮麗な場所を得て、教会音楽へと発展。中世の音楽のメイン・ストリームは、黄金期を迎えるわけだけとれど、大聖堂の外では、また新たなムーヴメントが起こっていた... というのが、13世紀のイタリア、大聖堂で歌われるラテン語の聖歌(特別な教育を受けた聖職者=エリートたちによる... )の対極とも言える、ラテン語を解さない市井の人々が歌える聖歌、ラウダのブーム!その起源については、はっきり解っていないものの、ゴシック期のカウンター・カルチャー、アッシジのフランチェスコが始めた托鉢修道会、聖フランチェスコ会の活動(修道院に閉じ籠るのではなく、清貧を以って民衆の中へと入っていき、布教の際には、みんなでラウダを歌った... )によって広まり、民衆の音楽として、熱狂的に受け入れられることに... その後、14世紀、トレチェント音楽(ゴシック期の音楽先進国、フランスの最新のポリフォニーの影響を受けつつ、後のイタリアの音楽を予兆するかのようにメロディーを重視した音楽... )とも共鳴し、音楽としても発展を始め、ルネサンス期には、フランドル楽派の巨匠たちも作曲するまでに...
ということで、ラウダに注目。古楽アンサンブル、ラ・レヴェルディによる、13世紀の年代記作者、ヤコブス・デ・ウォラネギが書いた聖者列伝、『黄金伝説』に基づくラウダを集めた、"Legenda Aurea"(ARCANA/A 304)。中世のフォーク・ブームを聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

中世、黄金期、ゴシックの大聖堂を響かせる... [2018]

CHR77420.jpg
今、改めて、ヨーロッパの中世を見つめ直すと、何だか訳が分からなくなってしまう。つまり、それは、これまで、如何に"中世"を軽く見てきたかの表れでございまして... 反省... ということで、中世が覚醒する頃、ロマネスクの時代(11世紀から12世紀... )の表現に迫る、金沢百枝著、『ロマネスク美術革命』を読んでみた。読んでみて、大いに腑に落ちた。もちろん、主題は、中世が折り返した頃を彩るロマネスクについてなのだけれど、ロマネスクというムーヴメントがどういうものであったかを知ることで、中世という大きな展開が掴めた気がする。じわじわと進む古代の崩壊の後、もはや遺跡となってしまった古代ローマを、見よう見真似で復興し始めたのがローマ風=ロマネスク... その延長線上にバブリーなゴシックが花開いて、バブル崩壊(災厄の14世紀!)の後、真に古典を取り戻そうとしたルネサンスが訪れる。そうルネサンスまでを含めて、古代/古典の崩壊と復興の長い道程が中世なのかなと... そう思うと、何だか、凄くドラマティックな気がしてくる。そんな中世に響いた音楽です。じっくりと修道院で育まれた音楽が、より開かれた大聖堂に舞台を移して大きく花開く頃に注目!
ドイツの古楽器奏者、ミヒャエル・ポップ率いる、女声ヴォーカル・アンサンブル、ヴォーカメの歌で、14世紀に編纂されたトゥルネーのミサを軸に、中世、黄金期の大聖堂を響かせる、"CATHEDRALS"(CHRISTOPHORUS/CHR77420)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

修道院の歌。12世紀の単旋律の聖歌... [before 2005]

HMU907209.jpg
古代から中世への長い移行期間を経た先に、8世紀後半、カロリング朝により再統一された西欧。政治的再統一は、西欧の教会にも大きな影響を与え、各地で独自に育まれていた典礼は、ローマ教会の伝統の下に統一されることに... これにより、典礼を織り成す聖歌にも統一規格が整備され... それが、西洋音楽の種、グレゴリオ聖歌。で、興味深いのは、聖歌に関しては、古代以来のローマの伝統に倣うばかりでなく、各地で歌われていた聖歌が総合されたこと... そう、西洋音楽の種は、ゲノム編集で生まれた!なればこそ、ニュートラルに仕上がったグレゴリオ聖歌であって、教皇のお膝元、ローマで歌い継がれて来た古ローマ聖歌の古代地中海文化圏の性格が息衝く、ある種、ワイルドな性格と比べれば、それは、歴然。そして、そのニュートラルさが、西洋音楽の種としての可能性を押し広げたようにも思う。そして、その種を受け取り、発芽させ、育てたのが、修道院。そんな修道院で、じっくりと時間を掛け、ゆっくりと成長した聖歌、12世紀の単旋律の聖歌に注目...
ポール・ヒリアー率いるシアター・オブ・ヴォイセズの歌で、中世、フランスを代表する哲学者にして修道士、アベラールが書いた聖歌と、ラス・ウエルガス写本からの聖歌による"Monastic Song"(harmonia mundi FRANCE/HMU 907209)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ドメニコ・ガブリエッリ、チェロ作品全集。 [before 2005]

TDKAD009.jpg
北イタリア、アルプスとアペニン山脈に挟まれたポー平原が、クラシックにおける器楽曲の故郷... と言っても、ピンと来ない?やっぱり、音楽の都、ウィーンとか、ベートーヴェン、ブラームスらを輩出したドイツのイメージが前面に立ってしまうのがクラシック。音楽史におけるポー平原の重要さは、普段、あまりに目立たないのが、もどかしい!というポー平原、そのちょうど真ん中には、アマーティ、グァルネリ、そして、ストラディヴァリといった伝説的な名工たちが腕を競った街、クレモナがある。これが、とても象徴的... で、そうした楽器製作に裏打ちされ、平原の東の端、ヴェネツィアで、まず器楽演奏が盛んになり、ルネサンスからバロックへとうつろう頃、器楽曲の端緒が開かれる(それまでの器楽演奏は、歌のスコアを楽器で演奏するというもので... つまり、歌と器楽がリバーシブルなのが常だった!)。そうしたヴェネツィアでの試みは、間もなく平原に点在する宮廷や都市に広がり、やがて、北イタリア各地とイタリア中央部を結ぶ交通の要衝、ボローニャで活躍した、ボローニャ楽派によって、17世紀後半、ソナタ、コンチェルト、我々にとってお馴染みの器楽曲の形が整えられて行く。
ということで、ヴィターリ親子に続いてのボローニャ楽派、チェロのヴィルトゥオーゾ、チェロのための音楽を切り拓いたドメニコ・ガブリエッリに注目!鈴木秀美のチェロで、ドメニコ・ガブリエッリのチェロ作品全集(Arte dell'arco/TDK-AD009)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

"ヴィターリのシャコンヌ"から、ヴィターリの真実を見つめて... [2013]

RIC326.jpg
ヴィターリと言えば、シャコンヌである。オルガンを伴奏に、ヴァイオリンがエモーショナルに歌い上げる、あの有名な作品... が、ヴィターリのシャコンヌ、ヴィターリとは関係の無い作品であることが判明している。そもそも、"ヴィターリのシャコンヌ"は、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を初演(1845)したヴァイオリニストで作曲家、バロック期のヴァイオリン作品の校訂も多く手掛けたダヴィッド(1810-73)が、ドレスデンで見つけた写筆譜(18世紀前半、ドレスデンの宮廷楽団で写譜の仕事をしていたリントナーによる音楽であるとのこと... )をアレンジしたもの。その写筆譜に、「トマゾ・ヴィタリーノ(ヴィターリの息子、トマゾ)の楽譜」とあったため、"ヴィターリのシャコンヌ"として、ダヴィッドが世に送り出す。いや、何とも複雑で皮肉な話し... ダヴィッドによるフェイク・ヴィターリが、「ヴィターリ」という名をクラシックの世界に刻んだのだから... 一方で、刻むだけのインパクト、"ヴィターリのシャコンヌ"には確かにある。心、揺さぶられる音楽です。シャコンヌ。久々に聴くと、余計に...
ということで、ステファニー・ド・ファイー率いる、古楽アンサンブル、クレマティスによる、ジョヴァンニ・バティスタとトマゾ・アントニオのヴィターリ親子の器楽作品集、"CIACONNA"(RICERCAR/RIC 326)。"ヴィターリのシャコンヌ"を扉に純正ヴィターリを聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

18世紀、イギリス産交響曲のエレガント... [2005]

オペラの誕生は、実に解り易い(惜しむらくは、その最初の作品が残っていないこと... )。が、交響曲の誕生については、視界不良に見舞われてしまう。17世紀末、合奏協奏曲を発展させたシンフォニアが登場し、また、オペラの序曲として、急―緩―急のイタリア式序曲が確立され、古典派の交響曲の雛型が生み出されるものの、18世紀に入り、そうした萌芽が、如何に交響曲として花開いたかは、なかなか見えて来ない。もちろん、ジョヴァンニ・バティスタ・サンマルティーニ(ca.1700-75)といった先駆者もいるのだけれど、今、改めて、交響曲の黎明期を俯瞰してみれば、音楽の都、パリ、ハプスブルク家のお膝元、ウィーン、そして、音楽好きファルツ選帝侯自慢のマンハイム楽派など、やがて古典主義の拠点となって行く場所にて、交響曲が様々に試みられていたことを知る。そうした中、もうひとつ、気になる場所がある。18世紀、ヨーロッパ随一の音楽マーケット、ロンドン!この街にもまた、いつしか交響曲は響き出し... そんなイギリス産交響曲に注目してみる。
ということで、ケヴィン・マロン率いるアラディア・アンサンブルの演奏で、ボイスの交響曲(NAXOS/8.557278)と、マティアス・バーメルト率いるロンドン・モーツァルト・プレイヤーズの演奏で、ハーシェルの交響曲(CAHNDOS/CHAN 10048)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

18世紀、ロンドンに合奏協奏曲ブーム到来! [before 2005]

我々が知るコンチェルト、独奏楽器による協奏曲の歴史は、意外と新しい。一方で、「コンチェルト」という言葉は、ルネサンス期にまで遡れるからおもしろい。16世紀、ヴェネツィア楽派のコーリ・スペッツァーティ=分割合唱に端を発し、器楽と声楽が対峙する音楽を「コンチェルト」と呼んでいたのが、17世紀、器楽と器楽、2群のアンサンブルによる音楽も「コンチェルト」と呼ばれるように... 2群のアンサンブルは、大集団(リピエーノ)と小集団(コンチェルティーノ)という風に、コントラストが付けられるようになると、17世紀の後半、ローマで活躍したストラデッラ(1644-82)が、コンチェルティーノとリピエーノによるコンチェルト・グロッソ=合奏協奏曲の雛型を生み出す。そのアイディアを受け継いだのが、同じくローマで活躍したコレッリ(1653-1713)。やがて合奏協奏曲という形を確立し、その集大成として1714年に出版されたコレッリの合奏協奏曲集は、ヨーロッパ中で反響を呼ぶ。もちろん、ヨーロッパ随一の音楽マーケット、ロンドンでも... ロンドンっ子たちは、コレッリを切っ掛けに熱を上げ、18世紀前半、怪しげなものから、正統なものまで、様々な合奏協奏曲に沸いた!
という、合奏協奏曲ブームに注目... アンドルー・マンゼが指揮するエンシェント室内管弦楽団で、1740年出版、ヘンデルの合奏協奏曲集、Op.6(harmonia mundi FRANCE/HMU 907228)と、サイモン・スタンデイジが率いるコレギウム・ムジクム90で、1742年出版、スタンリーの弦楽のための協奏曲、Op.2(CHANDOS/CHAN 0638)の2タイトルを聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ワーグナー、交響曲。 [2014]

CC72649.jpg
5月22日、ワーグナーの誕生日でした。そんなこととはつゆ知らず、今月、聴いて参りました、若きワーグナーの音楽。そうか、ワーグナーは5月生まれだったか... いや、18歳で書いたピアノ・ソナタ、19歳で書いた『妖精』、20歳で書いた『恋愛禁制』と聴いて来て、振り返れば、その音楽、5月をイメージさせる気もする。若々しく、フレッシュで、それでいて、夏に向けての勢いを感じるような、ポジティヴなパワーに充ち溢れている!普段、「ワーグナー」という名前を聞いて思い浮かべる音楽とは一線を画す、真っ直ぐな音楽... そんな音楽に触れれば、ワーグナーにも若い頃が確かに存在したのだなと感慨を覚えずにいられない。一方で、ワーグナーは、若くても「ワーグナー」と言おうか、すでにそこには、後のワーグナーを思わせる在り方が示されていて、なかなか興味深い。が、何に措いても驚かされるのは、若いなんて言わせない、その音楽の充実っぷりと雄弁さ!特に、2つのオペラには目を見張るばかり... もし、『妖精』(女優として活躍していた姉、ロザリエが奔走するも、上演に至らず... )が、『恋愛禁制』(ベートマン一座の力量不足、準備不足があって、敢え無く失敗... )が、然るべきオペラハウスで初演されていたならば、ワーグナーのオペラ作家としての歩みは、また違ったものになった気さえする。
で、もうひとつ違った歩み、シンフォニスト・ワーグナーというパラレル(?)について... オランダのマエストロ、エド・デ・ワールトの指揮、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の演奏で、ワーグナーが19歳の時に書いたハ長調の交響曲(CHALLENGE CLASSICS/CC 72649)を聴く。てか、ワーグナーの交響曲なんて、想像が付かないのだけれど、これがまた侮れない...

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ワーグナー、恋愛禁制。 [2013]

OC942.jpg
16世紀末、イタリア、フィレンツェのエリートたちによる、ギリシア悲劇を復活させようという試みに始まるオペラの歴史。1600年、フィレンツェの宮廷の婚礼で、最新の総合芸術としてオペラが披露されると、オペラ制作はイタリア各地の宮廷に飛び火し、さらに、1637年、ヴェネツィアで一般市民向けにオペラの上演が始まると、一大ブームを巻き起こす!続く、18世紀は、何と言ってもナポリ楽派の時代!音楽学校の充実を背景に、歌手をセットで、全ヨーロッパに輸出されたナポリのオペラ。ロンドンパリはもちろん、果てはサンクト・ペテルブルクまで、大いに沸かせることに... ある意味、この時こそが、イタリア・オペラの全盛期だったように思う。そうして迎えた19世紀、イタリアは、オペラの歴史に燦然と輝くスターたちを次々に送り出すわけたが... 一方で、音楽後発国、ドイツから、ワーグナーという怪獣が誕生。その存在は、オペラの歴史=イタリアだったそれまでの当たり前を打ち崩す。という風に見つめると、やっぱり、ワーグナーは、タダモノではなかったなと...
そんな、タダモノではなかったワーグナーの、オペラ怪獣への第一歩、オペラハウスへのデビューに注目してみようと思う。セバスティアン・ヴァイグレ率いるフランクフルト歌劇場による、ワーグナーの『恋愛禁制』のライヴ盤(OHEMS/OC 942)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ヴェルディ、オベルト。 [2013]

OC959.jpg
ワーグナー(1813-83)と、ヴェルディ(1813-1901)が、同い年って、凄くない?歴史を見つめていると、時として、何か、大いなる意志が介在しているように思える瞬間がある。ドイツ・オペラの怪物、ワーグナーと、イタリア・オペラのアイコン、ヴェルディが、ともに、1813年(ちなみに、ロッシーニがブレイクを果たす年... )に生まれたということが、まさに!ワーグナーとヴェルディ、2人のライヴァル関係が、19世紀のオペラを大いに盛り上げたし、その盛り上がりは、オペラ史上、最大のピークを形成していることは間違いない。また、音楽の新たな中心となったドイツと、伝統国、イタリアという配置も効いている。そう、2人の活躍には、イタリアからドイツへ、という音楽史上のパラダイム・シフトが背景にあるわけで、何とも宿命的な2人... 一方で、伝統的であるヴェルディが、革新的だったワーグナーより長生きしたというのも、なかなか興味深い。それを、歴史が用意したある種の捻りと捉えるならば、下手な小説よりずっとおもしろく感じてしまう。事実は小説より奇なり。だなと...
ということで、若きワーグナーが初めて完成させたオペラに続いて、若きヴェルディのオペラ作家デビューに注目!ミヒャエル・ホフシュテッター率いる、ドイツ、ギーセン州立劇場によるライヴ盤で、ヴェルディのオペラ『オベルト』(OHEMS/OC 959)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -