So-net無料ブログ作成

ライヒ、ダブル・セクステット、レディオ・リライト。 [2016]

HMU907671.jpg
暑いと、つい、さっぱりしたものを選びがちに... ということで、ここのところよくそばを食べております。お気に入りは、家で、簡単、冷やしたぬき!どんぶりに、だしの素、1袋、砂糖、小さじ1、こぶ茶、小さじ1に、お湯を注ぎ、蓋をして、少し置いたら、麺つゆ、大さじ1を加えて、氷を浮かべて、冷ましたところに、茹でたそばを投入、ねぎに、揚げ玉をトッピング、わさびをチョロっと添えて、はい出来上がりぃ。いや、ほとんどインスタントっぽいよな... けど、そういうのが、夏にはしっくり来る。でもって、夏の楽しみ!暑いからさっぱり、は、逃げでは無くて、楽しみだと思う。そして、音楽もまたしかり(って、ちょっとこじ付け?)。ポスト・ミニマル世代、アラスカのアダムズ、カリフォルニアのアダムズの音楽を続けて聴いて、耳からもさっぱりしております、今日この頃... シンプルなフレーズ、クリアなハーモニー、小気味良く刻まれるリズムは、いわゆるクラシックの音楽のヘヴィーさの対極に在って、ライト。そのライトさに救われすらする。それでいて、ちょっとエナジー・ドリンクっぽさもあったり?
さてさて、ポスト・ミニマル世代を聴いたら、ミニマルの核心世代も聴きたくなるというものでして... ブラッド・ラブマン率いる、アンサンブル・シグナルの演奏で、ライヒのダブル・セクステッドとレディオ・リライト(harmonia mundi/HMU 907671)を聴く。

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 

ルトスワフスキ、管弦楽のための協奏曲。 [2016]

Alpha232.jpg
さて、今年、日本とポーランドは、国交樹立100周年を迎えました。というわけで、モニューシュコショパンと、ポーランドの作曲家を聴いて来て... いや、正直に申しますと、先ほど知りました、100周年(小声... )。いやいや、100周年云々に関わらず、実に興味深い、ポーランドの音楽!ポロネーズやマズルカなど、豊かな民俗音楽の伝統(バロック期、かのテレマンも魅了されていた!)があって... そうした伝統をベースに、地道な展開を見せた、19世紀、ポーランドにおける国民楽派... その顔、モニューシュコのオペラと向き合ってみれば、他の東欧の音楽とは一味違う緻密さが感じられ、そのあたりに、次なる時代、20世紀、近現代音楽において、多くの異才を輩出したポテンシャルを見出せるような気がする。チェコやロシアに比べると、いささか地味な印象も否めないけれど、いやいやいや、見つめれば見つめるほどヴァラエティに富み、おもしろいんです!
そんなポーランドの20世紀に注目... ポーランドの俊英、クシシュトフ・ウルバンスキの指揮、彼が首席客演指揮者を務めるNDR交響楽団の演奏で、戦後、ポーランド楽派の草分け、ルトスワフスキの管弦楽のための協奏曲(Alpha/Alpha 232)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

ケルビーニ、ルイ16世の思い出に捧げるレクイエム。 [2016]

Alpha251.jpg
フランス革命記念日を切っ掛けに、フランス革命を巡る音楽を聴いて来た今月半ば... 革命歌に反革命歌、革命歌をテーマにした協奏交響曲、革命に翻弄されたピアニスト、革命の波に乗った作曲家... 時代が大きく動く時というのは、泣く人、笑う人、様々である。失ったものも多い一方で、失って芽吹く新たな時代でもあって、フランス革命を改めて見つめると、感慨深い。が、フランス革命は、結局、中途半端に終わる。第一共和政は、大き過ぎる犠牲を払いながらも12年で潰えてしまい、帝政が成立。皇帝による派手な拡大主義は、ヨーロッパ中を戦火で包み、やがて火の粉は自らの身に降り掛かり、結局、王政が復古する。そう、革命による激動の後には、戦争の激動があって、さらに揺り戻しという激動もあったフランス。まるでジェット・コースターのような18世紀から19世紀への世紀の転換... そして、そういう時代を、見事、器用に渡ってみせたのが、ケルビーニ...
エルヴェ・ニケ率いる、ル・コンセール・スピリチュエルの歌と演奏で、王政復古の翌年、1816年、ルイ16世の追悼式で歌われたケルビーニのレクイエム(Alpha/Alpha 251)を聴く。そう、革命の波に乗ってブレイクを果たしたケルビーニは、王政復古でさらなる高みへ!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

1789年、フランス革命、サン・キュロットと王党派の歌! [2016]

Alpha810.jpg
7月4日は、アメリカ独立記念日ということで、アメリカ音楽史をざっくり遡ったのだけれど、続いて7月14日は、フランス革命記念日、パリ祭!となれば、今度はフランス革命にまつわる音楽を聴いてみようかなと... いや、フランス音楽史において、フランス革命は、黒歴史とさえ言える事態。ヨーロッパ中の巨匠を集めて、音楽の都として燦然と輝いていたパリだったが、蜘蛛の子を散らすように巨匠たちはいなくなり、その音楽シーンを支えて来たパトロンたち、富裕な貴族、高位聖職者たちは、国外追放されるか、ギロチンであの世に追放された。そして、長い歴史を誇った教会音楽は、革命政府の反教会政策により、壊滅... 18世紀の音楽大国は、その最後で、カタストロフに見舞われる。一方で、瓦解して新たに生まれる音楽も... 外国人の巨匠たちの、かしこまった音楽とは対極を成す、人々の間で歌い出された革命歌!それは、誰もが歌える新しい音楽!
ということで、フランスの歌の歴史をつぶさに探る異色の古楽アンサンブル、アルノー・マルゾラティ率いる、レ・リュネジアンによる、フランス革命期を彩った革命歌、それから、反革命歌も歌ってしまう、"FRANCE 1789"(Alpha/Alpha 810)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

マショー、ノートルダム・ミサ。 [2016]

GCDP32110.jpg
近頃、ちょっと話題の、集英社新書、『テンプル騎士団』(佐藤賢一著)を読んだ。おもしろかった!何しろ、当のテンプル騎士団を、ジェダイの騎士に例えてしまうのだから... いや、そういうトリッキーさもあって、俄然、中世との距離は近付くよう。けど、そこに描かれるテンプル騎士団の姿は、ジェダイの騎士というより、中世版GAFA。いや、ヨーロッパ全域を高度につないで、国家や経済を潤滑に回して行く様に、現代に通じるものがあり... そんな中世の風景を提示されると、"暗黒の中世"というイメージは吹き飛んでしまう。そう、テンプル騎士団が活躍した中世は、意外とスマートで、豊かで、ある意味、バブリーで、イケイケでもあった。しかし、"災厄の14世紀"がやって来る。盛者必衰の理をあらはし、テンプル騎士団は火炙り(1314)にされ、火炙りにしたカペー朝は断絶(1328)、それによって始まる百年戦争(1337-1453)の泥沼... 決定打は、14世紀半ばにヨーロッパにもたらされるペスト禍!当時のヨーロッパの人口の3分の1が失われたとされる、死に至る病の蔓延は、生産性を低下させ、都市を機能不全に陥れ、社会は崩壊、まさに黙示録のような風景をヨーロッパに作り出した(映画やドラマで描かれる、ゾンビがそぞろ歩くイメージは、ペスト禍の記憶とも言われる... )。それは、まさに、暗黒の中世... 黄金期を迎えた中世が、暗黒へと落ちて行く。歴史とは、時に恐ろくドラマティックだったりする。
そして、暗黒へと落ちようとする中、爛熟を極めた中世の音楽に、新しい技法が登場。アルス・ノヴァ!その新しい技法を駆使して、画期的なミサが誕生する。そのミサ... ビョルン・シュルツァー率いる、古楽ヴォーカル・アンサンブル、グラドラヴォワの歌で、マショーのノートルダム・ミサ(GLOSSA/GCDP 32110)を聴く。いやー、暗黒から響いて来るようだよ、これは...

続きを読む...


nice!(2)  コメント(0) 

春のヴァルプルギスの夜の夢... 幻想交響曲。 [2016]

HMC902244.jpg
桜が散って、復活祭がやって来て、春本番かと思ったら、春を通り越して、一気に夏日になって、今、寒いという... 春は、気紛れです。さて、日本的には、改元が近付いて来て、何となく、再びの年末みたいな気分。ゴールデン・ウィークに突入し、街中が一気に静かになると、ますます以って年末感漂って来て、不思議な心地がしております。が、それも満更ではないようで、遠い昔、キリスト教が到来する以前のヨーロッパでは、ちょうど今頃が年末みたいな時期だったとか。5月1日、春を祝う五月祭が、正月のような節目で... となると、4月30日は、大晦日。それが、世に言うヴァルプルギスの夜。クラシックでもお馴染みの、おどろおどろしい魔女たちの宴、サバトが開かれる夜。なのですが、元々は、生者と死者を隔てる境界が薄れる日とされていたとのこと... 日本でいうところのお彼岸の感覚に近かったのかもしれない。だからか、ちょうど半年後の10月31日、ハロウィンとは、対(春は魔女が騒ぎ、秋はお化けが訪ねて来るのね... )になっていて、おもしろい。
ということで、かつての新年(そして、日本は、令和!)を迎える前に、ヴァルプルギスの夜が彩る音楽を... ダニエル・ハーディング率いるスウェーデン放送交響楽団の演奏で、ベルリオーズの幻想交響曲(harmonia mundi/HMC 902244)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

2018年、今年の音楽、ベリオ、シンフォニア。 [2016]

 HMC902180.jpg
クリスマスが過ぎました。後は、お正月に向けて、一直線ですね。さて、今年の漢字、"災"でした。はぁ、そうですか。という感じであります。ちなみに、昨年が"北"。ぶっちゃけ、"北(朝鮮)"に、"災(害)"って、能がねーなーと突っ込まずにおられません。毎年、清水寺の偉いお坊さんが出て来て、清水の舞台でしたためる今年の漢字、したためられる字の、含蓄の無さに、もはや脱力するばかり... って、公募で1番数の多かった字が自動的に選ぶのだから、仕方ない(漢字検定1級の人のみを対象に公募したら、おもしろいだろうなぁ... )のだけれどね... いや、公募で1番って、結局、一番つまらなかったりするのだなと... でもって、2番、3番の方によりセンスを感じること、多々あり(ちなみに、今年の2番が"終"、3番が"平"だったとのこと... )。そういうことが頭にあったか?公募しておきながら、公募であることをあっさりスルーしてみせた、JR東日本。山手線の新駅、"高輪ゲートウェイ"。スルーし過ぎて、ナンジャアコリャア?!誰が決めた?!となって、物議を醸す。いや、"災"にしろ、"高輪ゲートウェイ"にしろ、2018年の浅さ、軽さが、それらに表れているようで、かえって2018年を象徴しているのかも...
ということで、今年もやります。音のタイル張り舗道。が選ぶ、今年の音楽!もちろん、公募じゃないので、"高輪ゲートウェイ"を突き抜けた作品を選んじゃうよ!で、2018年の音楽は... ベリオのシンフォニア!ジュゼップ・ポンスの指揮、BBC交響楽団の演奏、シナジー・ヴォーカルズのヴォーカルで、ベリオのシンフォニア(harmonia mundi/HMC 902180)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

生誕100年、ベルント・アロイス・ツィンマーマン。 [2016]

WER73402.jpg
11月も後半となり、紅白がどうのと話題に出て来ると、年の瀬感、俄然、出て来ます。となると、来年はどーなんだ?世の中的には、改元というビッグ・イヴェント(平成が終わるばかりでなく、明治以来の世が改まる... 何しろ、上皇さま、復活!)が待っておりますが、クラシック的には、どんな一年になるのかな?と、来年、メモリアルを迎える作曲家を、ざっと見渡してみた。ら、意外と少な目?ベルリオーズの没後150年が目玉になって来るとは思うのだけれど、今年に比べると、何となくインパクトに欠ける一年となるのか... モーツァルトではなく、そのパパ、レオポルトの生誕300年だったり、シューマンではなく、その妻、クララの生誕200年だったり... いや、こういう大家を支えた人物たちにスポットが当たることは、大家の新たな一面もクローズアップされ、大歓迎なのだけれど、やっぱり物足りない?とか思ってしまうのは、今年が、あまりにお祭り状態だったからだろうな... すでに10人のメモリアルを迎えた作曲家を取り上げたのだけれど、まだまだいる取り上げたい作曲家たち!
ということで、没後50年のピツェッティ、カステルヌウォーヴォ・テデスコに続いて、生誕100年、ベルント・アロイス・ツィンマーマンに注目... ペーター・ヒルシュの指揮、ケルンWDR交響楽団の演奏で、ツィンマーマンの1楽章の交響曲、ジョストラ・ジェノヴェーゼ、弦楽オーケストラのための協奏曲、ユビュ王の晩餐の音楽(WERGO/WER 7340-2)の4作品を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

カッチーニ、ペーリ、2人のオルフェオ。 [2016]

A393.jpg
没後400年のメモリアルに、クソ野郎呼ばわりしてしまったカッチーニ... いや、カッチーニの魅力は、そのクソっぷりにもあると思う。天才たちが犇めいた16世紀後半のフィレンツェの宮廷、競争が過熱してしまった結果、クソ野郎にならなきゃ生きていけなかっただろう。また、そういう競争がドラマを生む!モノディーを生み出すカメラータを主催したバルディ(1534-1612)が、1587年、突然の大公の代替わりで失墜。カメラータの主要メンバーだったカッチーニは、フェッラーラの宮廷に新たな就職口を探すも、結局、1592年、都落ちのバルディに就き従い、ローマへ... で、バルディに取って代わったのが、新大公がローマから連れて来たカヴァリエーリ(ca.1550-1602)。しかし、曲者揃いのフィレンツェの宮廷、カヴァリエーリは苦悩することに... 一方、カッチーニは、バルディを見限り、自らの力でフィレンツェの宮廷に復帰。宮廷楽長を務める多声マドリガーレの巨匠、マルヴェッツィ(1547-99)ら旧世代と、宮廷における芸術監督官、カヴァリエーリに、コルシ(1561-1602)を中心としたオペラを生み出す新世代たち... 三つ巴の間隙を突いて、一度は離れたフィレンツェの宮廷を昇り詰めて行く。
そうして迎えた運命の年、1600年、『エウリディーチェ』、クソっぷりを発揮し、勝利するカッチーニと、勝利をかすめ取られたペーリの作品を並べる、実に、実に興味深い1枚!マルク・モイヨン(ヴォーカル)と、アンジェリーク・モイヨン(ハープ)の姉弟デュオによる、モノディーの歌曲集、"LI DUE ORFEI"(ARCANA/A 393)。いや、競争の過熱は、音楽をより美しく昇華させる!

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0) 

ドビュッシー、アッシャー家の崩壊/鐘楼の悪魔。 [2016]

PAN10342.jpg
2018年は、ドビュッシー・イヤー!ということで、前回、デニソフが完成させたドビュッシーの未完のオペラ『ロドリーグとシメーヌ』を取り上げたのだけれど、あれは、ドビュッシーだったのだろうか?聴き終えた後の不思議な心地が印象深い。何だろう、ドビュッシー以上にドビュッシーっぽかった!いや、あれは、「ドビュッシー」というイメージを抽出し、薫らせた、上質なフレグランスのような音楽だった気がする。生々しいドビュッシーではない、みんなが期待するドビュッシー像を補強する、デニソフ(ソヴィエト時代、西側の近現代音楽への関心から、ドビュッシーも研究対象としていた... )による補筆であり、オーケストレーション。ある意味、ファンタジーとしてのドビュッシー... で、そには、ドビュッシーへのオマージュも感じられ、単にドビュッシーを聴いては味わえない感慨を覚えてしまう。それにしても、『ロドリーグ... 』に限らず、作品を完成させられない天の邪鬼、ドビュッシーがもどかしい!もどかしいのだけれど、未完が生む余白に、新たなケミストリーを準備した天の邪鬼でもあって... まったく、なんてヤツなんだよ... デニソフ版『ロドリーグ... 』に触れ、ますますドビュッシーの未完が気になってしまう!
そこで、エドガー・アラン・ポーの小説による2つの未完のオペラ... クリストフ・マティアス・ミュラーが率いて来たゲッティンゲン交響楽団の演奏、ファン・リンリン(ソプラノ)、ヴァージル・ハルティンガー(テノール)らの歌で、イギリスの音楽学者、ロバート・オーリッジの補筆による、ドビュッシーのオペラ『アッシャー家の崩壊』と『鐘楼の悪魔』(PAN CLASSICS/PAN 10342)を聴く。

続きを読む...


nice!(3)  コメント(0)